利用規約|心と不思議の指南役 秋山眞人の開運相談室
心と不思議の指南役 秋山眞人の開運相談室

本規約は、イマジニア株式会社が運営するインターネットサイト「心と不思議の指南役 秋山眞人の開運相談室」(以下「本サイト」といいます)において予約を受け付けた利用者に対して株式会社オフィス江戸幕府(以下「当社」といいます)が秋山眞人(以下「カウンセラー」といいます)をして提供するセミナーおよびカウンセリングサービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件について定めるものです。利用者は本規約に同意した上で、本サービスを利用するものとします。

第1条 契約関係
1 利用者が本規約に同意することにより、本規約を内容とする利用者と当社との間の契約が成立し、利用者はかかる契約を遵守するものとします。
2 当社は、本サイトによって通知することにより、本規約を変更及び廃止することができるものとします。これに伴い、前項の契約も変更又は解約されます。

第2条 本サービスの内容及び料金
1 当社が利用者に対して提供する本サービスの内容は以下のとおりとします。
・カウンセラーが対面で、悩み相談(人生相談、仕事、恋愛、対人関係)、夢診断、占い、風水、超常現象、精神世界に関するセミナー又は、カウンセリングを行う。
2 本サービスの料金は、1セッション30分の場合2万円(税込み)、1セッション60分の場合4万円(税込み)、1セッション120分の場合8万円(税込み)、延長料金は30分あたり2万円(税込み)。セミナーの場合は1回10万円(税込み)とする。料金は事前に指定する口座へ振込、もしくは毎回の開始前に現金でお支払いいただきます。但し、キャンペーン等により料金が変更される場合があります。

第3条 本サービスの注意事項
利用者は、下記の各注意事項について承諾の上、本サービスを利用するものとします。
①本サービスは、秋山眞人が利用者からの相談にお答えすることにより利用者の心理的援助、個人の問題解決を支援するものであり、利用者の心身の健康改善及び問題解決について保証をするものではありません。本サービスを利用して得た情報やアドバイスをどのように使用するかは利用者の自由意思に委ねられており、当該情報等に基づいて利用者が何らかの意思決定又は行為を行ったことにより何らかの不利益を被った場合にも、当社及びカウンセラーはその不利益について一切責任を負いません。
②本サービスにおいて、カウンセラーが医療行為を行うことは一切ありません。心身の健康状態については、利用者は自らの判断により医療機関に相談してください。本サービスの利用中または利用後に、利用者の心身の状態が悪化した場合でも、当社及びカウンセラーは一切責任を負いません。
③予約のキャンセルは予定日の3営業日前の午後5時までに電子メール又はお電話でご連絡ください。それ以降のキャンセルの場合には料金を支払っていただきます。
④利用者が以下の項目に当てはまると当社が判断した場合には、本サービスの利用を承諾しない場合があります。
・過去に本規約等に違反するなどにより、本サービスの利用を拒否された事が判明した時。
・本サービスを正当に利用する意思あるいは目的が無いと認められた時。
・過去に本サービスにおいて不正行為、迷惑行為、料金未納などのトラブル、その他問題のある行為をした事が判明した時。
・その他、当社が不適当と判断した時。
⑤お支払いただいた料金は、いかなる場合も返金しません。

第4条 禁止事項
利用者は、本サービスの利用にあたり、次のいずれの行為もしてはなりません。
・カウンセラーを誹謗・中傷する行為
・カウンセラーに対する卑猥な発言
・カウンセラーに個人情報を聞き出す行為
・カウンセラーと個人的に会う行為
・カウンセラーに対するストーカー行為、またはその他の身体・生命・自由・名誉・財産等に対して害悪を加える行為
・カウンセラーへの物品販売等の営利目的の行為
・カウンセラーへの宗教活動や特定団体に勧誘する行為
・カウンセラーのプライバシー権、肖像権、またはその他の権利を侵害する行為
・当社、カウンセラー、またはサービスサイトの信用、もしくは名誉を損失させる行為
・当社の設備に不正にアクセスしたり、本サービスに関する情報を改ざん・消去したり、コンピューターウイルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供し、またはその恐れのある行為
・犯罪行為に結びつく、あるいは助長する行為
・本サービスの運営、提供、または他の利用者を妨害する、もしくはそれらに支障をきたす行為
・法令、または公序良俗に違反する行為
・その他、当方が合理的な理由に基づき不適当と判断する行為

第5条 個人情報の取扱い
個人情報の取扱いについては、別途定める「プライバシーポリシー」の規定のとおりとします。

第6条 合意管轄
本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所又は簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。

第7条 準拠法
本規約に関する準拠法は、日本法とします。

―以 上―

Twitter
Facebookページ